中井医院

宝塚市(逆瀬川)の中井医院内科・小児科・循環器内科・呼吸器内科
アレルギー科・漢方内科・リハビリテーション科に対応。

〒665-0035 兵庫県宝塚市逆瀬川1-1-19
TEL 0797-72-2691
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

中井医院のホームページへようこそ

「地球に何が起こるかわからない」

 今年は牛の年です。良い年であってほしいですが幕開けから新型コロナウイルスで良い知恵が浮かびません。
 ところで私は戦争の終わった次の年に生まれました。テレビドラマで描かれているように食べ物がない時代でした。国民、皆が貧乏でしたが、むしろ、それが良かったと思います。娯楽といえば、ラジオ放送くらいで、テレビもアルバム写真も白黒でした。土曜日もやすみではなく、子供は学校に、大人は仕事に行きました。「よく遊び、よく学べ」と言われた時代でした。日本の景気も良くなり、オリンピックも自国開催されて聖火リレーが全国を駆け抜けました。その後、千里丘陵で万博が開かれ6千人もの人が参加し「月の石」が展示されていました。(石が本物であったかは定かではありませんが・・・)
 伊勢湾台風のような風・水害が起こりましたが、まだ平和な時代だったと思います。ところが奥尻島で地震が起こった頃から災害が一変しました。阪神大震災に至っては震度7というマンションが倒壊して死者が多数出るという事態になりました。私は甲陽園の山の上に住んでいましたので、いくつもの火柱が立ち、まるで映画・地獄の黙示録のような光景を目にしました。木曽の御嶽山が噴火し、あげくに東日本大震災、原子力発電所のメルトスルー、多くの家屋が流された大津波、そして九州全域で大雨による川の氾濫、と今までに経験のない大災害が起こるようになりました。2度目の東京オリンピックの年に中国南部で発生した新型コロナウイルスの世界的大流行はいつ収束するか読めない状態です。経済も大変です。
 皮肉なことに月や星は綺麗に輝いています。これらの災害は地球温暖化が原因になっているので脱炭素運動を含めて日本がイニシアティブをとらなければなりません。菅内閣が2050年にCO2排出ゼロを打ち出しましたが、必ず実行されるよう目を光らせていきましょう。
 

院長
中井医院 院長 中井通治

 

旬のお話 

熱中症

  地球温暖化により、年々真夏日の日数は増加し、都市部はヒートアイランド現象により熱帯夜の日数も増加しています。気温の上昇する午前11時前後と、仕事の疲れが出やすい午後3時頃にピークがあり、 年齢では10歳代と50~60歳代の2つにピークがあります。男女別では若年男女、中年男性、高齢女性と3つのピークがありますが、暑熱環境下では誰にでも起こり得るのです。次の症状が出現したら、すぐに冷所に避難し安静をとり、身体を冷やし、経口補水液(ORS)を飲みます。誰かがそばで見守り、改善しない場合や悪化する場合は必ず病院へ搬送します。
  ○大量の発汗
  ○めまい、立ちくらみ(失神:一時的な意識消失)
  ○筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)

ORSとは
  体温の上昇による発汗によって、水分と塩分が失われ脱水状態になります。それを補うために水だけを飲むと、身体の塩分が薄まってしまうので、水分と塩分を速やかに吸収・補給できるよう、塩分と糖分の量やバランスを調整した飲料です。

医院紹介

診療科目は内科・小児科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科・漢方内科・リハビリテーション科等あらゆる年代に“かかりつけ医”として対応しています。

診察(小児、成人、老人)・検査・投薬
原則院内処方ですが、メーカー品は院外処方です
○各種検診・診断書
予防接種
生命保険診査

往診・訪問診療をいたします
在宅療養支援診療所
 (良元診療所、高松診療所と連携しております)

地域の皆様の健やかな毎日を応援するため、生活習慣病の予防・治療にも力を注いでいきたいと思いますので、安心して気軽に受診していただければ幸いです。
外観

 

医院概略

医院名 中井医院
診療科目 内科 小児科 循環器内科 呼吸器内科 
アレルギー科 漢方内科 リハビリテーション科
住所 〒665-0035
兵庫県宝塚市逆瀬川1-1-19
TEL 0797-72-2691

※お使いのブラウザのバージョンによっては地図の表示に不具合が出る可能性がございます。
ブラウザを最新にするかこちらの地図をご覧ください。

 

診療時間

診療
時間
  9:00~
   12:00

 
 
 16:30~
  18:30
 

【休診日】木曜日・土曜日の午後 日曜日 祝祭日


初診の方、点滴ご希望の方の受付は18:00までとさせていただきます